静岡で人気があるあら茶の選び方

あら茶 静岡

鹿児島県や三重県、京都府など日本におけるお茶の生産地はいくつかありますが、なかでも静岡県は日本一の茶どころといえるでしょう。東名高速道路や東海道新幹線で静岡県を通過する際にも窓から見える広大な茶畑は人々を驚かせています。もともとは1244年に宋より持ち込まれたお茶の種子が静岡市の郊外に植えられたことが始まりといわれており、江戸時代に活躍した俳人、松尾芭蕉の歌にもその情景が歌われました。山間部である本山、川根、天竜などの地区をはじめ、富士・沼津、清水、牧之原周辺など環境や気象条件の違いから製造方法の工夫などから地区によっても味わいが異なり、お茶の奥深さを楽しむことができるのも「静岡茶」の魅力といえるでしょう。そんな静岡で近年注目を浴びているのがあら茶と呼ばれているお茶です。

茶業が盛んな静岡でも人気のあら茶とは

お茶には様々な種類があります。私たちの日常生活にとっても身近な存在である緑茶、ウーロン茶、紅茶も、製造方法の違いから不発酵茶、半発酵茶、発酵茶と分類することができます。また、仕上げの工程として基本の一つである「蒸す」時間の長さによってもさらに特徴を持ったお茶に分類することが可能となります。同じ木から作られた茶葉であっても、細かな要因によって味わいが異なる点もお茶を楽しむうえでの醍醐味であるといえます。そのなかでも、近年日本有数のお茶の生産地である静岡をはじめ、注目をあびているのがあら茶と呼ばれるお茶です、お茶は製品として仕上げる際、形を揃え茎や粉を取り除くふるい分けの工程や他の茶葉と合わせるブレンドなどの工程があります。しかしあら茶の場合はその工程以前のものであり、酸化や劣化を防ぐための製茶の工程まで行ったものになります。

静岡であら茶の購入を考えている場合に覚えておきたいこと

静岡の茶農家などであら茶は昔から日常的に飲むお茶でもありますが、仕上げを行う以前の段階のため茎や粉も残っており、茶葉の大きさも不ぞろいです。人によっては、少し雑味が多いと感じる場合もあるでしょう。しかしほとんど手を加えていないことから、上質な玉露などでも引き出すことができない茶葉本来が持つ素朴な味わいや豊かな香りを堪能できるお茶ともいえます。また水分量の多さなどその性質から変質しやすいという特徴もあるため、長期間貯蔵することはできません。そのため、一般的に製品として購入することが難しいお茶でもあります。興味があり、購入を考えている場合は、茶農家のなかでも製茶工場を保有している方々を探してみると良いでしょう。手ごろな値段で直接購入できる場合があります。ネット販売などを行っている場合もあるので、検索してみるのもおすすめです。