静岡のあら茶を購入する際の注意点

あら茶 静岡

私たち日本人にとって、お茶は身近にあるものです。お茶には定番の煎茶、茎茶、粉茶、番茶などさまざまな種類があります。お茶を飲む習慣は、食事だけでなく甘味などにも合うため、当たり前のようになっています。また、病気の予防や健康な体づくりをするためにもよいとされていて、近頃ではスポーツにも最適だと言われているようです。お茶の産地の中でもとくに有名なのは、静岡県産のお茶がまず挙げられます。静岡でお茶を見つけようと思うと、茶葉にも種類があり、工程の違いによってはお茶そのものの味も変わってきます。茶葉についての基礎知識を知り、あら茶についていったいどのようなものがあら茶になるのか、選ぶ際にはどのような点に気を付けて選ぶのか、失敗しない選び方のポイントをいくつか挙げていきます。

静岡であら茶を見つけるための基礎知識

あら茶について少し触れていきますが、あら茶と聞いても一体何なのかわからない方が多くおられると思います。お茶の茶葉について少し触れていきます。皆さんがよくみるお茶は、煎茶というものが主ですが、煎茶になる前の過程のものをあら茶といいます。要は、茶葉を蒸して乾燥させ、葉は煎茶に、茎は茎茶、粉は粉茶にわけていくのですが、その作業をする前のもの、すべてが入っているのがあら茶になります。摘み取ったお茶が、選別されることなくそのままなので、煎茶などとは違ってお茶本来の味わいを楽しむことができます。 また、あら茶は冷めても風味が残ります。そして、静岡はお茶の名産地であります。おいしいお茶なのに間違いはないと思いますが、より良いあら茶を見つけるために気を付けるポイントをあげていきます。

あら茶を静岡で見極めるポイント

あら茶に関わらず言えることですが、今の日本の食に関して、品質の良いものを食すことは当たり前のようになっています。いいお茶を静岡で見つけるのには、気を付けなければいけない点があります。まずは茶葉の色を見ましょう。また、酸化を防ぐために製茶してありますが、湿気は大敵です。あら茶を二次製茶していくことで、誰もが知っている煎茶などに変わっていきます。また、お茶に合う水は軟水がいいです。水道水を利用する場合には5分ほど沸騰をさせてから使うと、おいしさを損なわずにおいしくいただけます。カルキ臭がする場合は、汲みお気をしておいて、4時間くらい置いておくといいそうです。いいお茶を見極めるには難しいこともありますが、わからないときにはお茶屋さんの力を借りることも一つの手段になります。これだと思えるお茶に出会うために、いろんなお茶を試してみるのもよいでしょう。